外資系に強い転職エージェント

 このサイトでは、外資系への転職を目指す方を対象に、外資系企業を多数取り扱う転職エージェントを徹底分析しています。外資系企業への転職なら、ネットや新聞の媒体形態を利用するよりも、実際の状況を把握しているエージェントを活用するのが得策といえます。
 たとえば、初めて外資系企業への転職を考えている方にとっては、どうやって企業をさがして、どんなレジュメを送ったら良いのか、どんな面接なのかなかなか想像がつかないことも多いかと思います。そんなときに支援してくれる人がいれば非常に心強いものです。

 ここでは、外資系転職エージェントの特徴から、実際に外資系企業に転職した人が利用した転職サイトやサービス満足度などをご紹介していきます。口コミや評判なども閲覧できますので参考してみてください。
 ぜひ当サイトをご利用いただき、自分に合った転職エージェントを探して転職を成功させましょう。

【リクナビNEXT】
・大手リクルートが運営する転職求人サイトなので取り扱う求人数も膨大な数です。中には外資系企業の求人も多数取り扱っていますので、自分に合った求人を探すことができます。
・スカウト機能を利用して、転職希望条件と自分のレジュメを匿名登録しておくと、それを見た企業から直接連絡がくることがあります。思わぬ転職の可能性につながることも多い機能です。

【リクルートエージェント】
・専任のキャリアアドバイザーが、求人紹介からレジュメの書き方、面接アドバイスなど転職に関する様々なアドバイスやサポートを無料で提供してくれます。
・約8万件もの求人を取り扱い、その90%以上が非公開求人です。その中には外資系企業求人も多数含まれているため、希望に合わせた求人を探すことができます。
・これまで約30万人の転職支援をしてきたため、企業との太いパイプがあります。求人要項に記載がないような情報も提供してもらえることがあり、面接でも役立ちます。

最新記事

web analytics